ムダ毛

家庭用脱毛器を使ってみる

ムダ毛

エステサロンで脱毛をしてみたいけれど、
通う時間がなかなか取れないという方も
多いのではないでしょうか。

 

しかしかみそりなどの自己処理では限界があるというのが本音かと思います。
そこで家庭用脱毛器で処理される方も中にはいらっしゃいます。
最近の脱毛器は技術も進歩しているので
エステサロンで脱毛してもらうのと同じような効果が得られるような
機器も中にはあるのです。家庭用脱毛機器について詳しくみていきましょう。

 

まず種類も複数あるのですが最もメジャーなのはレーザー、フラッシュ、
熱線になります。
フラッシュはエステの脱毛でもおなじみの光を
照射して脱毛をする方法のことです。痛みも少ないですし、
処理能力にも優れています。機器の種類にもよりますが、

 

両ワキを処理したい場合は、10分以下で済んでしまいます。
ちなみに処理の頻度は2〜4週間程度です。

 

レーザーも脱毛方法としては有名です。フラッシュよりも効果が高いと言われていますがその分痛みや熱さを感じる人も多いようです。
しかしながら、剃刀などと違って皮膚へのダメージは少ないのですのでその点安心して使っていただけます。次は熱線方式です。
これは熱くなったワイヤーをムダ毛に当てて処理します。毛根に直接働きかけるので効果は最も高いと言えるかもしれません。
しかし処理範囲がとても狭いので面倒に感じる方も多いかもしれません。
それでも家庭用脱毛機器の中では料金も安いですし、すぐに処理ができるというメリットがあります。

毛抜きで抜く

ムダ毛

毛抜きを使ってムダ毛を処理したことがあるという方も多いかと思います。
毛抜きは気になったところだけを瞬時に抜くことができるので手軽で便利です。
外出先にも持ち歩いて気になったらすぐに処理できます。
おまけに毛穴の奥部分から抜けますので
比較的きれいに処理できたように一見見えます。

 

毛抜き自体も100円ショップ等でも購入できますので
脱毛にかかるコストも安く済みます。

 

しかしながら毛抜き処理にはリスクも多くあることをきちんと覚えておきましょう。
全て毛抜きで脱毛処理をしようとなると部位によっては
かなりの時間がかかります。また肌や毛根に与えるダメージも
大きいのです。生えている毛を無理矢理引っ張って
抜くわけですから毛根にダメージがかかります。

 

だからといってその時点で毛根は死滅することはありませんし、
弱るわけではありません。またその毛根から毛は生えてきます。
そして抜いた箇所から雑菌が侵入してしまって赤く炎症を
起こしてしまったり化膿することも多いのです。

 

しかしそれでもなお毛抜きでの処理を繰り返していると毛穴が
広がってしまって黒ずんできたりと肌トラブルが目立つようになってくるのです。
また毛抜きでの処理は必ずしも毛根近くから抜けるとは限りません。
処理している時に途中で切れてしまう事もあるのです。
それをそのままにしておくと毛穴部分が黒く目立つように
なってきてしまうのです。それなので広範囲の
ムダ毛処理を毛抜きで行うのはあまりお勧めはできません。
眉毛などの細かい部分だけにとどめておくのが望ましいです。

 

http://xn--jp-yg4aphqe4411agl0b.com/・・・立川で脱毛サロンをお探しならエピレがおすすめ!要チェックです!